2018
9
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 おっぱいおっぱい

百合エロ小説用アイキャッチ5

信長はずっとそのまま沖田の口内を犯していたかったが、今度も呼吸が上手くできなかったらしい沖田が苦しげに呻くので、名残惜しく思いながらも唇を離すと、舌と舌の間に粘ついた唾液がつっと糸を張る。下腹の奥がじくりと痛むほど疼いた。口元を指で拭いながら、信長は自分が思っているよりもずっと興奮していることを認識する。
つい激しくしてしまったが大丈夫だったろうかと、沖田へ目をやると、何を思ったのか、沖田はよろよろと起き上がって信長の顔をがっしりと掴んだ。ガチリと歯がぶつかる音と共に唇が押し当てられる。強引にねじ込まれた舌が、中でバタバタと暴れまわるので、信長はそれを吸い付けて動けないようにした。落ち着かせるように沖田の襟首を撫で、捕まえた沖田の舌をちうちうと美味そうに吸う。

「…っ、もぉ、りっとひててふだはい…」

信長の攻めを逃れるように口を離した沖田は、ずいぶんと舌っ足らずな声で不平を言った。
先程の口吸いでもう骨抜きになっているのだろう。目も座っていて、まるで酩酊しているようだった。

「じっとしてろと言うたか?そりゃわしの台詞じゃろ?まだ耳と口を吸うてやっただけじゃというに、もうヘロヘロではないか。ここは黙って抱かれておれ、わしを抱くのは次でもよかろう。」

「いやでしゅ、沖田しゃんが抱いてもいいって、ノッブが言ひました…、ここで引いてはまちゅ代までの恥でふ…」

信長は本日二度目の、あぁそういえばこやつは沖田じゃったなー。のポーズをした。
耳と口を吸っただけとは言ったものの、信長の過去を思い返せば、どんな相手もこの時点で快楽に溺れ、もっともっととねだるか、逆にもう許してくれと縋ってきたものだった。しかし沖田は底抜けの負けず嫌い精神でもって、頑と踏み止まっていた。それ床にまで持ち込まなくて良くない?と説きたかったが、言ったところで無駄なのはこれまでの付き合いからよくよくわかっている。
せめて多少なりとも行為の内容を知っていてくれれば、このまま布団に寝転がって、好きにしろと四肢を投げ出すところだが、沖田には1から10までいちいち教えてやらなくてはならない。まったくなんと面倒くさいことか。

信長は深い溜息をつくと、すっと沖田の脚の間に移動し、両脚をその腰に絡める。今度は一体何をされるのかという反応をする沖田の唇に、チュっと音を立てて軽く口付けると、右手で沖田の左の乳房をそっと触れ、左手でビクリと身体を強張らせた沖田の髪を撫で、全く惚れた弱味というヤツには敵わんな、と頭の中で呟いた。
沖田の胸を掬うように持ち上げ、ゆっくりと揉みながら、お主も触って良いのだぞ?というように小首をかしげてみせる。ゴクっとつばを飲み込む音と共に、沖田はおずおずと手を伸ばして信長の胸に触れた。ふぁ…、と声を漏らし、一瞬手を引っ込めたが、すぐに興味深げにその柔らかな膨らみを揉みしだき出す。

「うむうむ、少し慣れてきたのう、では次はコレじゃ」

「…ッあ!」

信長は手の中にある沖田の乳房の上で、スッと親指を動かし、赤く尖った乳首をわずかにかすめる。経験したことのない感覚に、沖田はたまらずに声を上げ、慌ててその口を塞いだ。
抗議の視線を向けてくる沖田を無視して、信長はその突起の先に指の腹を軽く擦り付けるように刺激する。沖田が身悶えながら必死で声を堪えるのをあざ笑うように、もうコリッコリじゃのう、これでは指では痛かろうな、と囁き、膨らみを掴み上げて、それを口に含んだ。優しく吸い付き、熱く濡れた舌でその形をなぞる。舌がわずかにでも動くたび、沖田は身を震わせ、せめて声だけは漏らさぬようにと、固く目を瞑り、自分の指を強く噛んでいた。本当にどこまでも強情なヤツである。
沖田が指を噛み千切らぬうちにと、信長は沖田の胸から口を離し、身体を少し後ろへ倒して布団に手をついた。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)ようやっと秘部

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

殿の手ほどき裏山。
慣れてきたのうのところもうちょっとなんとかしたい。

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。