2018
9
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 ようやっと秘部

百合エロ小説用アイキャッチ5

「ほれ、貴様の番じゃぞ」

そう言うと、上に向けた指をちょいちょいと引き、挑発的に沖田を促した。
先程の刺激のためか、それともこれから自分がすることへの興奮か、ふうふうと息を荒げながら沖田は信長の胸に思い切り吸い付いた。あまりに強く吸われたため、信長は思わず、沖田の頭をスパンと引っ叩く。沖田は沖田でその衝撃で反射的に信長の乳首を噛んでしまったので、信長は、ぐっ。と低く呻く羽目になってしまった。

「痛いじゃろうが、もっと優しくできんのか…」

「のっふがははくかられす…」

信長は文句を言って沖田を引き離そうとその頭を押すが、沖田は離れようとせず、ちゅうちゅうと赤ん坊の様に胸を吸い続ける。正直言ってだいぶ下手だなと思った信長だったが、それでも自分の肉壁が更にじんじんと痛んで来るのを感じていた。信長はもうかなり焦れていたが、沖田はまだ胸に夢中な様子で、やわやわと揉んではその谷間に顔を埋めてみたり、固く尖った先端の感触を唇と舌で堪能しており、当分離しそうもない。このまま沖田に付き合っていては自分の我慢が限界に達してしまうだろう。

信長は沖田の顎に手をやって自分の方を向かせると、沖田の唇の間に舌を差し入れる。沖田は簡単にそれに喰い付き、チュッチュッと音を立てて味わいだした。沖田の口内に深く舌を差し入れながら、信長は徐々に後ろに倒していた身体を垂直へと戻して行く。
お目当ての場所が射程圏に入ると、スッと素早くそこへ手のひらを滑り込ませる。驚いた沖田が飛び退こうとするが、反対の手で腰をしっかりと抑えそれを阻止した。そうして沖田の脚の間を容易くすり抜けた指がそこへ到達する。ぽたりと零れ落ちた甘露が指を濡らしたので、触るまでもなくどうなっているかがわかった。

沖田を怖がらせないよう、トンと指を置くように割れ目に触れる。
それでも弾かれたように沖田はその背を仰け反らせ、それから怯えたような目で信長を見た。

そんな目で見るでない、無茶苦茶に犯してやりたくなるじゃろうが……

ぞわりと背中で色情が蠢くのを感じた信長は、困ったように沖田から視線を外す。

「…すまぬが、わしもそろそろ余裕がない。お主がわしを斬りとうてたまらんかったように、わしはお主とこうしとうてたまらんかったのじゃ。」

そう言うと信長は自分の肩に置かれた沖田の右手を、自分のそこへと導く。

「人質じゃ。わしがするようにお主もわしを弄くり回して構わぬ。それなら少しは気が楽じゃ…、っ…」

信長が言い終わらないうちに、沖田は信長の割れ目をズッとなぞっていた。
こういうときにその場所がどんな状態であるのか知るはずもない沖田が思わず、ぅゎっと声を上げて指を離すと、そこがぬちゃりと淫猥な音を立てる。信長はカッと耳が熱を持つのを感じた。

「…うわってなんじゃ…、お主のココとて似たようなもんなんじゃぞ!」

「っひゃぅ…!…っぁ、やっ…!」

予想以上の濡れ方、ドン引きしたような沖田の反応に、恥をかかされたような感情を覚える。不意を突かれて思わず声が漏れそうになった悔しさも相まって、つい乱暴に割れ目を擦り上げ、指に絡みつく愛液を秘部全体に擦り付けるように、にちゃにちゃと音を立てて強く捏ね繰り回した。堪えきれずに嬌声を上げ、膝立ちになって逃げようとする沖田の腰をがっちりと捕まえ、強引に抱き寄せる。互いに膝立ちの状態で、裸の胸をぴったりと合わせ、信長は沖田の首筋にいくつも赤い印を刻んだ。

「はっ…、逃しはせんぞ、沖田…。ハァ…、貴様はもうわしのものじゃ…」

「ッア、…っぅ、ハ…、ノッブ…、ぁ…、んっ、あっ…、んぅぅ…」

目をギラつかせた信長は沖田の首根っこをひっ捕まえると、強引に唇を塞ぎ、舌の根を吸い尽くすほど激しく口付ける。その一方で固く閉じた下の口を開かせるように、入り口に指の腹を押し当てては、ぷっくりと膨らんだ肉芽の先まで撫でることを繰り返していた。時折、肉芽を転がすようにくるりと擦ってやると、そのたびに沖田の身体が腕の中で跳ねる。
そうするうちに沖田の抵抗が弱まっていったので、信長も少しだけ落ち着いて、攻めの手を緩めてやった。すっかり腰が抜けてしまった沖田が信長の身体にもたれてくる。

「どうじゃ?斬るよりこちらの方が良かろ?」

沖田は信長の身体にしがみつき、小さく声を漏らしながら、コクコクと頷く。信長からその様子は見えなかったが、肯定されたのははっきりわかった。
それに満足した信長は、ではそろそろイかせてやろうかのうと呟いて、布団に座る。膝立ちの沖田の脚を少し開かせると、その間に片脚を通して閉じられないようにし、手を自分の肩に捕まらせた。それからそっと沖田の腰を抱き寄せると、たらたらと涎を流している口の入り口につっと指を差し入れる。
ひゅっと沖田が息を飲みこんだ。
ゆっくりであったとはいえ、それまで触れられたことのない場所に侵入されたのである。沖田はその感触に恐怖を覚えたのか、恐る恐る口を開いて、何をしてるんですか?と信長に尋ねてきた。

「ここのところに子を産むときの穴があっての、こうして擦ると気持ちよくなるんじゃ。」

一応の説明をしてやり、痛くはせんから楽にしておれと告げて、ゆるゆると中に入った指を動かし、感触を確かめた。それから肉壁のあちこちを軽く押して沖田の良い場所を探す。
信長はあっけなくそれを見つけると、今度は指を2本に増やそうとしたが、沖田が痛そうな素振りを見せたので、また1本に戻してゆっくりと抜き差しを繰り返した。しばらくそうしていると、だいぶ呼吸の落ち着いた沖田が、ノッブと口を開く。

「その…、これ…、うっ…、なんか…、気持ちが、悪いです…」

「まぁ、そうじゃろうな」

だったらなんで触るんですか?と言いたげな沖田を信長は愉快そうに眺めると、指を差し入れたまま、反対の手でちょいと肉芽を突付いてみせる。沖田の身体はそのつもりもないのにビクリと跳ねて、信長の指をきゅうきゅうと締め付けた。

「これと一緒にすると、それはそれはもう…、な…」

ニヤリと笑った信長の顔を見た沖田は、またしても逃げ出したそうに腰を引いたが、中に信長の指を咥えているためそれはとても叶わなかった。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)沖田KO

やっといいところのお触り開始。ようやくヤってる感出てきたかなぁ。百合セックスが丁寧すぎる殿。
人質のくだりのところは直したい。もうちょっとこう、テンポを落とす感じで。

しかしおとなしいな、沖田さん。

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。