2018
10
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 沖ノブのターン

百合エロ小説用アイキャッチ5

のそり。
沖田がおもむろに起き上がって、信長の腹の上に跨る。信長にそうされたように、手首を両手で掴むと、それをぐっと布団へ押し付けてきた。沖田はそのまま息を飲んだようにして信長を見つめる。見上げた沖田の目は眠たげでありながらも、はっきりと情欲の色が見て取れた。

信長は、沖田がまずどこに齧り付こうかを迷っている様子だったので、どこからでも好きなところに食いつけば良いというように、そっと目を閉じる。沖田が生唾を飲み込む音が、秘部を舐めるようだった。

沖田はわしをどう抱く気なんじゃろうな。

そう考えると信長の胸は祭へ走る子供のように高鳴る。
生前の信長は、側室も小姓も山ほど抱えていたが、その多くが信長を恐れているか、崇拝しているかのどちらかだった。だが沖田はそのどちらでもない。

いや、多少は恐れられているだろうが、恐れを感じる相手こそ斬りたいと燃える性分だ。そこが良い。張り合いがあるというものだ。
そんな相手との情事はどのようなものになるのだろう。信長の期待は一秒ごとに降り募っていった。

沖田が意を決して行動に出るのを、胸の内とはうらはらな静かさで待つ。そんな信長の頬を、不意に冷たい雫がぱたぱたと濡らした。
何事かと思い目を開けると、自分をまっすぐ見つめる沖田の目がなみなみと涙を湛え、そこに留まれずに溢れたそれが、次々に信長へと降り注いでいた。

思わずぎょっとすると、沖田は一瞬不思議そうにして、それからハッとした様子でゴシゴシと涙を拭う。自分が泣いていることに気付いなかったらしい。

それを下から見上げながら、信長が、どうした?と尋ねると、沖田は、なんでもありません。と答え、まだ涙が止まらないのだろう、しつこくその目元を拭い続けた。

信長は身体を起こして沖田の手を取ると、そっと涙の跡に口付ける。沖田が嫌がらないのを確かめると、髪を撫で頭を引き寄せて唇を重ねた。
重ね、離れて、また重ねる。
泣いている理由はわからなかったが、沖田も求めるように頬に手を乗せたので、そのまま沖田が落ち着くまでただ触れるだけの口付けを交わした。

「ノッブは、細いですね。」

沖田はぽつりと漏らすと、唇を離して信長の背中へ手を回し、その肩をきゅっと抱き締める。

「言うても貴様より頑丈じゃからの?触れても壊れたりせぬから安心して抱いてよいぞ。」

言いながら信長は頭を傾け、こつりと沖田の頭を小突く。沖田は困ったような顔をして、信長から身体を離すと、信長の頬を指先で撫で、唇におずおずと触れる程度の口付けをした。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)見せちゃう

この辺は沖田視点でまた書きたいですね。
なんとなく沖田視点の方が書きやすいし。

というかこの話、一人称視点なのか、三人称視点なのかが微妙なので直したい。
直してもうちょい素敵な百合セックスにしたい。文才欲しい。

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。