2018
10
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 見せちゃう

百合エロ小説用アイキャッチ5

はぁ、と熱を持った吐息を漏らす沖田の視線が信長の身体の上を滑るようにするする下りていき、臍の下あたりで止まる。そしてそのまま腹の上をうろうろと泳いで、信長の様子を伺う様に目へと上ってきた。まだその場所を直視できないらしい。
その初々しさが可愛く思える反面、もどかしくもあった。

信長は向かい合ったまま動けずにいる沖田の手を取ると、さっきしてやったようにやればよい、と囁いて、自分の脚の間へとそれを導く。中指以外を丸めさせると、すでにトロトロになっている肉芽に触れさせた。
触れた瞬間、沖田の手がびくりと震え、反射的に動いた指が肉芽の頭を掠めたので、喉の奥からわずかに声が漏れる。

もう身体の芯が切なくてたまらない信長は、沖田の手を股ぐらに置き去りにして、沖田の秘部へと手を伸ばす。絶頂を迎えてなおパンパンに膨らんでいる尖りに優しく触れ、今のがお前のここじゃ、と教えた。
そうしてまた沖田の手を取って、今度はさらに奥の、濡れそぼった恥口へと導く。やはり同じようにして沖田へ触れて、そこがなんであるかを伝えると、沖田の手を離して、すがりつく様にその肩を抱きしめた。
互いの肌の熱さがじわり伝わる。

「沖田、早う。」

じっと動かない沖田の肩を強く抱き、信長は腰をくねらせた。
腕に抱いた沖田の身体がもう一段熱さを増し、置き去りにされた指を遠慮がちに動かしだす。
触れているうちに興奮しだしたのだろう、初めはそろそろと腫れ物に触る様だった沖田の指は、次第に力が入って激しさを増した。

残念なのは、一生懸命摩っているその場所が、だいぶ見当違いのところであること。それと、この調子で敏感な部分に触れられたら、きっと痛いであろうこと。

「お主…、自分で触ったこともなさそうじゃのう…」

「へ…?なん、です…?」

沖田は目を潤ませ、のぼせた様な顔で信長を見る。夢中なのか、必死なのか、先ほどの言葉もまるで聞こえていない様子だった。
信長は沖田の手をやんわり退けさせると、両手で頬を包んで唇に口付け、おもむろに手を伸ばして寝室の隅に置かれた行燈を引き寄せる。

自分からこんなことまでするとは、わしも相当のぼせ上がっておるな…

信長は行燈を沖田の隣に置くと、後ろに手をついて、立てた膝をそっと開いた。カッと頬が熱くなる。
絶対にその瞬間に顔を背けるだろうと思っていた沖田が、食い入るようにそこを見つめたのだから、その熱はさらに増し、燃え上がるようだった。

「ようわからんようじゃから、見ながらやってよいぞ。」

信長は熱に浮かされるままに沖田を促す。

生前の信長は、こんな風に明かりの下で側室に秘部を晒させ、別の側室にやり方を仕込むということを何度かやっていた。見えないよりは見えた方が覚えが早いので沖田にもと思ったが、自分のでやるとなるとやや勝手が違う。
当時に比べて遥かに明るい照明のせいか、それとも相手が沖田だからなのか、信長は久しく感じたことのない羞恥心というやつが湧き起こるのを楽しんでいた。

沖田はふらふらと誘われるように、布団に顎を付け、信長の性器の前で、獲物を狙う猫のような姿勢になる。ひとしきり舐めるようにして眺めた後、閉じた唇をそっと指で押し開き、中心に溢れるほどに視線を注いできた。注ぐほどに、沖田の息遣いは荒くなり、やがて初めて見る生き物に触れるようにそこをいじくりだす。

その手付き、指使いは、やはりまだぎこちなく、快感を与えるためというよりは、感触を確かめるようであったが、それでも見えているおかげか、先ほどよりは遥かに良いところに当たる機会が増えた。触れては離れる指先が、偶然に剥き出しの肉芽を掠めたり、入り口を押し広げたりする度に、信長はピクリと肩を震わせる。

沖田はそんな信長の反応など見ている余裕がないようで、ただただ興味深げに、そこを突ついたり、摘まんだり、引っ張ったりしていた。正直、九割は感じないし、不快感すら感じる触れ方だが、不意に訪れる残り一割が、どうしようもなく劣情を掻きたてる。くち、と時折耳に届く水音が、それを如実に物語っていた。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)おねだり

照らして見せるってエロいっすよね、男性向けエロではよく見かける気もしますが、リアルでは中々ないし、百合セックスの中に登場するのは、かなり上級エロなのではと思って書いております。
というか女性器ってなんかもう存在がエロいから、見えるってシチュがもう!ってなるのは俺だけか??

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。