2018
31
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 おねだり

百合エロ小説用アイキャッチ5

沖田。と信長が口を開く。

「…早う、中も……。こんなになっとるのが可哀想だと思わんのか。」

痺れを切らした信長が、沖田の手を押しのけ、自分で泣きじゃくっているような淫裂をなぞりあげる。そしてあふれた蜜を掬った指を、沖田の目の前に突き付けた。ぬとっ…と、信長の指に絡みついた粘液が、糸を引いて滴り落ちる。
信長は瞳を潤ませ、頬を仄かに染めていたが、沖田は顔を上げはしたものの、相変わらず猫のような姿勢のまま、惚けた顔で信長を見つめるだけ。言われた言葉が耳に入らなかったか、あるいは、意味がわかっていないような様子だった。
仕方なしに沖田の中指の第一関節辺りを掴み、指先をつっぷと挿入させる。そのまま根元まで飲み込むと、無意識に襞がそれを舐るように蠢くのがわかった。信長が沖田の手を握り、腰を前後に動かすと、燃えるような肉壁が、火照りを沈めようとして、飲み込んだ冷たい指をきゅうきゅうに締め付ける。
そこまでやってようやく沖田が思い出したように指を動かしだす。緊張しているのかムダに力が入っていて少し痛い。これはこれで良いような気もするが、爪を引っ掛けられでもしたら泣きをみそうなので、指の腹を使うように伝えて、もう少しゆっくり、もう少し優しく、それは痛い、といった具合に、ほどよい加減になるまで調整させた。やがて沖田が好みの力加減を覚え、どうにか口を挟まなくても良くなってきたので、信長は脚を開いたまま、背中を布団に倒した。ふ、ふ、と浅い呼吸を繰り返しながら、ぬるぬると腹の内側をさする指の感触に意識を集中させる。

不意に沖田が指の動きを止めた。
どうしたのかと信長が顔を上げると、沖田は指を咥えたままのそこをじっと見つめて、ここは口を付けてはダメなところですか?と尋ねてきた。
その顔はまるで涎を垂らした獣のようで、信長は思わず口元を緩ませる。
経験のない沖田はそこに口を付けるのに抵抗があるだろうとあえてやらせなかったが、こんなにも物欲しそうな顔で求められるとは意外だった。
当分先になるだろうと思っていた行為を今受けられる。そう思うと矢も盾もたまらなかった。

「わしのほとがそんなに美味そうか?まぁよい、好きにせい、そういう約束じゃし…、っ…」

胸の内を押し隠し、余裕があるところを見せようとする信長が、その言葉を言い終えないうちに、沖田はがぶりと噛みつくように吸い付いてきた。ぢゅ、という音と共に、沖田が吸い込んだ冷たい空気に性唇を撫でられる。大きく舐めあげてくる舌が、秘部に纏わりついた蜜液を残らず攫い、その表面にある無数の小さな突起が、ざらりと肉芽を刺激したので、信長は反射的に足の指をきゅっと丸めた。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)舐めっ子どんどん

どうにも下手くそな沖田さんを調教するノッブ美味しいです。よね?
下手くそなのわかってて、それでもおねだりしちゃうノッブもエロい。よね?

この辺からようやく百合セックスらしくなってまいりました!って気がします。

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。