2018
31
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 舐めっ子どんどん

百合エロ小説用アイキャッチ5

強く吸い上げられるたび、チリチリとした痛みが走る。それと同時にくにゅくにゅと、すっかり敏感になっている尖りを押し潰すように舐ってくるのだから堪らない。その上指は、しっかり教えた通りの加減で抜き差しを繰り返しているのだ。沖田のことだからきっと舐めるのに夢中になって、中に入れた指のことなぞ忘れてしまうだろうという信長の予想は完全に裏切られてしまっていた。

こやつ、指と口でここまで違うとか反則じゃろ…、これで中まで摩られたら…

これまで指使いが拙過ぎたためか、沖田の唇や舌の与える刺激に信長は身悶えする。
このままでは早々に達してしまうに違いない。そうしたい気持ちもあるが、今相手にしているのは沖田なのである。
ひょっとしたら朝目覚めたときには、今互いに感じているだろう幸福感など全て葬り去って、距離をおくようになってしまうかもしれない。
そう思うと、せめてもう少しだけでも長く身体を重ねていたいという想いが強くなる。

信長は沖田に、脚をこちら側に向けるように言う。
沖田は意味がわからない様子でしばらくまごまごし、どういう意味ですか?と尋ねたそうにして、信長の身体の上に四つん這いに乗って顔を覗き込んできた。

「いや、そうでなく、こう、お主の頭はそっちで、こっちはわしの頭を跨いでじゃな…」

信長が身振りを交えて説明すると、沖田はようやくその意味を理解し、断固拒否の構えを見せた。

「そ…、そんなことできるわけないじゃないですか!裸なんですよ!?着てても嫌ですけど!」

「お主はわしのをじっくり見てがっつりしゃぶっとったじゃろうが。わしにも吸わせぬか。」

信長は沖田の腕を引き、強引に布団に倒して、仰向けに寝かせた沖田の頭を脚の間に挟むようにして座る。

「わしの舌を味合わせてやるが、腰を抜かすでないぞ?」

ニヤリと妖艶に沖田を見下ろして、信長は沖田の股ぐらに手を滑り込ませ、脚を開かせる。その間に頭を入れ、両脇から尻を抱えるようにして、てらてらの厚唇を暴いた。薄紅色の肉が糸を引きながら口を開け、その中心を舌でなぞると、ひゃ、と悲鳴を上げて沖田が仰け反る。構わず蜜壺に指を挿し入れ、恥丘を手前に引いて顔を出した肉芽を舌先で転がしてやると、沖田はさらに大きな声で泣きだした。

「っうぁ…!ノッブ…っ、ぁ、っあ、やめ…」

脚をバタつかせてのたうつが、この体勢では逃れようがない。信長は沖田の中を引っ掻くようにしながら、ちろちろと敏感な部分を刺激する。時たま軽く吸ってやると、恥口がひくりと指に噛みつき、甘い蜜を吐き出すのがなんともいやらしい。感触だけでも淫らだが、すぐ目の前にある行燈が煌々とそこを照らすのだから、より一層淫猥だった。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)続舐め合い

百合セックスで一番いいところ、舐め合いっ子まで来ました。
舐められつつ舐めるってエロいですよねー。気持ちよさ的にはどっちかに集中できた方が良いと思うんですが、小説的には外せないですよね。

まぁ、沖田さんは舐められてると攻めに回れないんですけどね。

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。