2018
31
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 続舐め合い

百合エロ小説用アイキャッチ5

沖田。と信長は肉芽から口を離して、自分の股越しに沖田を見る。瞳を潤ませた沖田が少しだけ頭を持ち上げて信長を見た。

「お主、綺麗な色をしとるのう。肉も厚めで唆られるぞ。」

信長が言うと、沖田は自分の秘部が照らされ丸見えであることを悟り、涙目になりながら顔を両手で抑えた。信長の指を咥えた恥口が恥ずかしげにヒクつく。

「なんじゃ?きゅうきゅう締め付けおって。見られるのも好きなようじゃのう。汁もどんどん白くなってきとるぞ。」

言いながら信長は再び沖田の性器をいじり回し、ぴちゃぴちゃとわざと音が出るようにして全体を舐めてやった。沖田が可愛い声で鳴くので、気持ち良いか?指とは全然違うじゃろ?と尋ね、ぬるっと恥口へ舌を侵入させると、熱を持った襞が答えるように挿し入れた舌に吸い付いてきた。
沖田は泣きそうな声で、やめて、見ないで、言わないで、と懇願するが、それらは加虐心を煽り立てるばかりで何の役にも立たない。信長は沖田の肉芽を吸い上げながら、激しく舌を震わせて、一番敏感な先端部を責め立てる。
すぐに抗議もできなくなり、ただただ身をよじって嬌声をあげるだけになってしまった沖田に信長は、口が留守じゃぞ。と口淫を要求し、手を止める。

「やられっぱなしでは悔しかろう?それともわしに舐められておっては手も足もでんのか?」

このまま一方的に沖田をいじめて、切なげな声や悶える身体を味わっていても良かったが、できれば先程の舌の感触を一緒に感じたかった信長は、あえて沖田の対抗心、屈辱感を煽った。わしはまだ全然本気でないんじゃが、もっと手加減してやった方が良いか?そう言って、沖田の秘部を指で軽く叩くようにして弄び、ぴちゃぴちゃと愛液の音を聞かせる。
開いた脚の間から、沖田が怒りに震える気配が感じられ、ぞくぞくとした昂ぶりが背を走った次の瞬間、熱い痛みと共に、腹の内側をドンと押された。

「人が、大人しく、していれば、調子に、乗って…!これで満足ですか!!あなたのだってずっと真っ白なんですからね!!」

「っちょ…!おき…っ、もっと優しゅうせんか…!痛いじゃろ!」

力任せにガシガシ揺すられ、入り口付近に刺されるような感覚を覚える。
ようやく触れてきたので、煽ったかいがあったとも言えるが、沖田からの仕返しは快感よりも痛みの方が強かった。信長はその手を少しでも緩めさせようと、沖田の淫裂に優しく舌を這わせる。

「…う、ぐっ…、わしは、痛くはしとらんじゃろうが…、こんなに、優しく…、しとるのに…、っつ…」

苦痛に顔を歪めながら、敏感な部分を避けて全体を撫ぜるように舐めていく。沖田はすぐには力を抜かなかったが、信長が根気よく舐陰を繰り返すうちに身体を弛緩させ始め、やがて信長を貫く指の動きも穏やかになっていった。そして沖田の腕が信長の腰に回され、下に引き寄せられる。じっとりとした生暖かい息が内ももをくすぐり、ぬるりと柔らかく唇が押し当てられる感触がした。
沖田の舌先が肉芽をなぞり、穴に入り込んでまた戻るのを何度も繰り返し、信長も同じようにして沖田を舐めてやる。ぴちゃぴちゃと互いの性器を舐め合う音が、睦言を交わすように心を溶かしていく気がした。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)絶頂

百合セックスの醍醐味、舐め合いっ子の続きです。
乱暴にガシガシされても優しくしてあげるノッブって素敵だと思うんですよー。

あと、大陰唇が厚めの女性器ってエロいと思うんですよね。閉じてると全部埋もれて隠れちゃうくらいのヤツ。沖田さんのはきっとそんな感じだと思うんですよね。ノッブは逆に何もかも薄くて小さい感じかなと。
ノッブ視点で書いてると描写できないのが残念ですよね。

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。