2018
31
Aug

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 事後

百合エロ小説用アイキャッチ5

やがて強張っていた全身から力が抜け、信長は沖田の顔の上に乗ったまま、へなへなと額を布団に落としてしまった。お尻を高く上げた姿勢のまま息を切らしながら、汗だか蜜だか唾液だかわからない何かが、ももの内側を伝って膝の裏へ流れ込むのを感じ、いつの間にか自分が汗だくであることに気付く。

わし、いつからこんな汗かいとった…?気付かんほど夢中だったか?まぁ、良いか、そんなこと。あぁ、こんなに満足したのはいつぶりじゃったかのう…。

絶頂の余韻が眠気に変わっていく間、信長はぼんやりした頭でそんなことを考えていたが、ふいに、ぐにゅ、と腹の中側を押されて我に返った。そういえば、まだ沖田の顔の上に乗ったまま、中に指を咥えているんだったな。そう思った途端に気恥ずかしくなってきた信長は、何も言わずに脚の間にあった沖田の手首を掴んで、身体の中に埋まっていた指を引き抜き、沖田の上から降りて、こてんと隣に寝転がる。

「……もう、おしまいですか?」

「む…、…うむ。わしは満足じゃが…、…足りぬか?……というか、お主、べたべたじゃの…」

信長は、ぼんやりとした顔でそう言った沖田の口元に、確実に自分の物であろう、ぬとぬとした粘液が光っているのを見つけた。よく見ると、頬や、顎、首にまで所々に、それらしい光沢が見られる。沖田の舐め方のせいなのか、自分が想像以上に大量の蜜を零してしまっていたのかはわからないが、いずれにしても、そのままにしておくのが憚られるほどの惨状だった。
粗相をしてしまったような気分になりながら、信長は沖田の唇の周りから舌を這わせていき、丁寧に溢れ落ちたり粘液を舐めとっていった。他に汚してしまっているところがないかと、頬や髪を指先で撫でると、沖田はくすぐったそうに、ふふっ、と息を漏らす。
信長は少しホッとして、白濁の滑りがこびり付いた沖田の右手の中指を口に含み、唾液を含ませて仄かに塩味のする粘液を吸い取った。卵の白身にも似た、ねっとりとした感触が喉の奥へ落ちていく不快感に眉を寄せながら、沖田の指からその感触が消えるまで、ざりざりと舌を這わせ続けた。

「……自分のって、美味しいんですか?」

されるがままに指を舐められていた沖田が、不意にそんなことを言ったので、信長は、そんなわけなかそう、と苦笑する。

「じゃあなんでそんなに舐めるんです?」

「……こうしとかんと、カッピカピになるからじゃが…、……ええい、んなこと、どうでもよかろう!」

カピカピにしないために舐めていたのは本当だったが、美味しくて舐めているのかと思われるほど、自分が熱心に沖田の指をしゃぶっていたかと思うと、なんとも決まりの悪い気持ちになった。信長は足元の方にぐしゃっと丸まっていた掛け布団を引き寄せて、向かい合って横になっている沖田もろとも、頭からそれをかぶった。

くそぅ、沖田め…。いらんこと言うから最後の最後で格好がつかぬではないか…。

信長は少しばかり拗ねながら、沖田が風邪を引かないようにしっかり布団で身体を包んでやってから、額に乱暴な口付けをして、行燈の明かりを絞り、枕に頭をつけた。
身体の奥には、まだ痺れるような余韻が残っていて、それが事後独特の倦怠感と一緒に、穏やかな眠気を誘う。すぐにうとうととなり、瞼を閉じたところに、沖田が、ノッブ、と呼びかけたので、信長は目を閉じたまま、ん?とだけ返事をした。

「……私、ノッブを斬りたくなったら、またこうしていいんですか?」

パチッと目を開けると、沖田がすがるような目で信長を見つめていた。

「……ま、是非もなかろ」

信長は思わず口元を緩ませ、背中に腕を回して沖田の身体を抱き寄せる。
柔らかな肌が直に触れ合うと、沖田はふにゃりと幸せそうに目を閉じたので、信長の胸は愛しさできゅっと痛んだ。


続き。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説(途中)後日談

百合セックスに限った話ではないんですが、中をゴシゴシした後の手の処理ってみんなどうしてるんでしょうね?ティッシュ?

しかしそこをキレイに舐めてくれるノッブも素敵だと家臣思う。

え?足りんの?のところは、沖田さんの性欲大魔神化の予兆ですね。

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。