2018
31
Jul

百合小説

ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 ノッブが押し倒すまで

ノブ沖ノブ百合小説3

告げるべきか、黙するべきか。
信長は時間にして2秒ほど悩んだが、すぐに何を迷うことがあろうかと腹を決めた。
今は腕の中でべそべそと泣いている愛い奴の涙を止めてやることを何より優先するべきだ。半べそ程度であれば自分の楽しみを優先したろうが、こうも痛々しい姿を見せられては、そんな気はたちどころに失せてしまうというものだろう。
信長は両手で沖田の頬に触れると、まだポロポロと涙が溢れている目を見つめ、言った。

「のう沖田、お主は自分が欲することは人を斬ることだけと思っておらぬか?」

信長の言葉が予想外のものだったのか、沖田はきょとんとした顔をして信長を見つめ返す。何を言われているのかわからないといった様子で瞳が揺れるのが見て取れた。
人とは強欲な生き物でお主も例外ではない、斬ることだけを望むなどあるものか。と信長は続ける。そして沖田の肩を強く握るとこう言った。

「半裸で血塗れのわしの艶やかさに欲情したと素直に認めるのじゃ。」

なんとも言えない沈黙が流れた。
沖田はドヤ顔の信長をぽかんと見つめていたが、すぐにわなわなと唇を震わせ、自分の腰に手をやる。一瞬だけ「あ、無い」という表情を浮かべたかと思うと、今度は信長のほっぺたを両手で掴んで思い切り引っ張った。
いでで。と言いながら信長は内心、してやったりとほくそ笑む。

「ふははははー!照れんでも良いわ、わしの色香は強烈じゃからの、お主が欲情したとしても是非もないことよ!」

「よよよよ欲情ってなんですか!し…しかも、ノッブのみず…水着なんかで…!そもそも沖田さんはアレですよ!そういういかがわしいヤツの持ち合わせなんてありませんし!沖田さんは刀一筋4000年ですとも!」

沖田は顔も身体も茹で上がったタコのようになりながら、必死でわけのわからない反論をする。その様を見た信長は、やはり愛だの恋だのではなく、欲と言って正解だったなと考えていた。
重く受け止められて沈黙されては追い討ちもかけづらいが、これなら好き放題できるというものだ。

信長は口の端を上げ、沖田の左腕を絡め取って、その腕に身体を寄せる。
思いきり胸が押し付けられる感触に、沖田の顔はさらに赤みを増した。自分でもそれがわかったのか、沖田はぷいとそっぽを向く。
そして視線の先で、右手の指が無意識に刀を求め畳をひっかいているのを見つけ、それを押さえつけるように固く握り込んだ。それきり沖田は、歯を食いしばり、悔しげに右の拳を見つめたままピクリとも動かなくなる。

こやつ、本当に斬る以外のことは頭にないんじゃなぁ…。まぁ、腹が減っても人を斬りたいような顔をするヤツじゃし、是非もないが…。

信長は半ば呆れて沖田の様子を見ていたが、やがて沖田の腕を放して立ち上がると、布団の左半分を空けたところへ寝そべり、そこをぽすぽすと叩いて沖田を呼ぶ。
沖田は怪訝そうな顔で、そろそろと傍らにやってきて枕の横にちょこんと座ったが、それを見た信長は、不満げに眉を吊り上げた。

「貴様、隣に来いというのがわからんのか?」

「…わかりましたけど、その…、着物がノッブの血で汚れてますし…」

「脱げば良かろうがそんな物!どれだけ物を知らんのだ貴様は!」

苛立ちながら沖田を怒鳴りつけた信長は、沖田が制止する間もなく着物を剥ぎ取り、乱暴に投げ捨てる。
突然の出来事に動揺する沖田を布団に押し倒すと、腹の上に馬乗りになり、自分の寝巻きを脱ぎ捨てて、その辺に放り投げた。ついでに身体に巻き付いた包帯やらガーゼやらも邪魔臭いので外し、沖田が逃げ出さないように、両手で手首を押さえつける。
露わになった沖田の肌は、決して血色が良いとは言えず青白い。風呂場などで見慣れたものだが、床で見るそれは、一層艶めかしく目に映った。

「さぁて、どうしてやろうかの…」

信長はニンマリと笑みを浮かべ沖田を見下ろした。


次から濡れ場です。
ノブ沖ノブ(fgo)百合エロ小説 沖田に耳責めとか

他の沖ノブ、ノブ沖作品はこちらへ。
沖ノブ、ノブ沖作品1話リンクまとめ

この時点でマッパである。さすが殿。
沖田さんはあのハイソックスみたいなのはつけてるかも。服装よくわからないから描写控えちゃってますね。
もうちょっと顔の造形に関する記述も増やしたいのだけど、沖田さんの髪って絵で見るとパツキンか茶髪なのに、他の人のss見てると桜色になってるからどうしたものか悩んでいる。ノッブは黒髪色白細身小柄肌きれいって認識で良いと思うんだけど沖田はどうも難しいんですよね。

索引
1 水着ノッブが斬られるまで
2 ノッブ沖田に泣かれる
3 ノッブが押し倒すまで
4 沖田に耳責めとか
5 頭突き後耳責めとか
6 耳責めからキスまで
7 おっぱいおっぱい
8 ようやっと秘部
9 沖田KO
10 沖ノブのターン
11 見せちゃう
12 おねだり
13 舐めっ子どんどん
14 続舐め合い
15 絶頂
16 事後
17 後日談

ソーシャルボタンから拡散していただけるとありがたいです!
また、濡れたわ~ってフレーズがあったらこちらからコメントでお知らせいただけると喜びます↓
濡れたフレーズ教えろください

 
コメントは利用できません。